カナガンキャットフードに関するブログです。

カナガンキャットフードが猫の腎臓にとって最適|科学的検証

猫は基本的に自然と腎臓を悪くしてしまう動物でも有名です。

その理由はさまざまですが、主な原因は2つ。

 

  1. 1、低品質なキャットフードが原因
  2. 2、必要な栄養が取れていない

カナガンキャットフードではこれらがきちんと解決できるのか?

客観的に検証した記事になります。

 

rapture_20160415142704

 

カナガンキャットフードが猫の腎臓にいい理由

低品質なキャットフードでは、主原料は基本的に原価の安い穀物類です。

穀物類って猫が胃で消化しきれないんですね。

 

そういう日々の積み重ねから、腎臓に多大なダメージを蓄積していきます。

 

この主原料や穀物類に関してですが、カナガンキャットフードは一切不使用です。

それ故グレインフリーとも呼ばれています(穀物不使用を表す意味です)

 

主原料の観点から見ても、猫の腎臓にとって優しい作りになっているんですね。

 

腎臓に必要な栄養素

猫が腎臓を悪くすると、絶対的に必要な栄養素があります。

それはオメガ3脂肪酸です。

 

もちろんカナガンキャットフードにはこの成分もしっかり含まれています。

その他の腎臓ケア専用のキャットフードにも含まれていて当たり前ですが、そういった製品って成分が含まれているだけで使われている原料は粗悪品って知っていましたか?^^:

 

それじゃ根本的な改善にはなりませんので、今カナガンキャットフードが本当に多くの飼い主さんに選ばれているんです。

 

KIMG0295_20160418161958

 

抑えるべき成分

腎臓は偏った食生活で日々ダメージを蓄積していきます。

腎不全など、猫が下痢や嘔吐を起こしてきたら栄養面で気をつけていかなくてはいけません。

 

リンは抑え目に。これは基本です。

そして塩分も抑え目にしていかなくてはいけません。

 

人間の食べる食べ物なんかは、猫にとってはめちゃくちゃ塩分は高いです。

決して与えないよう気をつけてください。

今まで当たり前に与えていて、猫もそれが癖になっているならそこは徹底してしつけましょう。

 

しつけも時にはかわいそうって思うかも知れません。

しかし本当に猫の健康を考えるなら、そこは心を鬼にしてしつけましょう。

 

そして抑えるべき成分はもうひとつあります。

 

それはタンパク質です。

 

KIMG0367_20160418161611

 

これは一番気をつけなくてはいけないんですが、その理由は「猫にとってたんぱく質はもっとも重要な栄養素」だからです。

 

抑えるのが大事であり、決して与えないではありません。

この意味を履き違えてしまうと大変なことになってしまいますので気をつけましょう。

 

そういった細かいことにも気を配られ、猫にとって最適なキャットフードがカナガンなんですね。

 

rapture_20160415145905

 

我が家でも愛用していますが、大体3ケ月くらいたった頃には下痢や嘔吐はかなり改善されました

 

ですが100%完治というのはムリです。

一度発祥してしまった腎不全は、手術しても完治はむずかしいでしょう。

しかしカナガンキャットフードにしてからは、日々の体調は劇的に改善されたのも紛れもない事実。

 

やはり毎日食べる食事ですから、食事を変えるということは根本的な解消にもつながるんですね。

 

それだけ食べ物って大事なんです。

 

 

自己紹介

管理人のひじきです!

rapture_20160414192415

恥ずかしがりやだけどブログを始めてミタヨ!

好き嫌いは多いほうだけど、健康志向の高い僕が選んだキャットフードを教えてあげるニャ!

しっかり覗いて行けよぉ~。