カナガンキャットフードに関するブログです。

カナガンキャットフードのグレインフリーを簡単解説

最近のペットフードではグレインフリーが人気を集めていますが、そのグレインフリーって聞きなれない言葉の意味をここで解説いたしたいと思います。

まずグレインフリーとは、小麦などに関する穀物類はドッグフードの原料には一切使用していませんよという意味です。

 

なのでグレインフリー=穀物不使用という認識で間違いありません。

ではカナガンキャットフードにそのグレインフリーがどういった効果をもたらしてくれるのか?

rapture_20160415142704

グレインフリーだと一体何がいいのか!?

それらを簡単に解説いたします。

グレインフリーにする意味

穀物類は、今までペットフードに散々と使われてきました。

どうしてそこまで使われていたのか?

 

それは原価が安いからです

 

キャットフードの表面にはマグロやチキンなどの絵が記載されておりますが、実際原材料の表記を見ると主原料って穀物類なんですね。

 

ぶっちゃけマグロやチキンをたくさん使っていたら、あんな1000~2000円で1.5kgのキャットフードなんて買えるわけがないんです。

 

これは冷静に考えたらわかりますよね。

 

単純に原価が安いってだけで今までのペットフードでは当たり前に穀物類が使用されていました。

 

そしてどうして最近ではグレインフリーが流行ってきたのか?

 

それは猫にとって穀物類は何一つメリットがない原料だからなんです・・・

 

rapture_20160414192415

 

猫は穀物類を消化するのがとっても苦手です。

消化が苦手と言うことは、自然と便秘気味になったり嘔吐を引き起こしてしまう原因にもつながります。

 

そして最近ではそういったペットフード業界の闇を真っ向から否定して開発された、グレインフリーが人気なんですね。

 

カナガンキャットフードではその穀物類は一切しようせず、良質なチキンを主原料としています。

 

なので価格もそれなりに高いですが、猫の健康を考えたら当たり前の価格ともいえます。

 

今までの低品質なキャットフードで慣れていた飼い主さんからすれば、カナガンの価格はさぞ高いと思われるでしょう。

ですが今までが異常なだけであって、本来あるべき姿が今だと認識してください。

 

ちなみに低品質なキャトフードでは穀物類が主原料ですが、微々たる量のチキンやマグロも含まれています。

 

しかしそれも人間が口にする事のできない極めて質の低い原料だという事もご理解を。

rapture_20160418164350

 

病気で死んだ動物の肉や、腐った肉。

挙句は内臓やフンもごちゃまぜにしたミートミルなどが使われています。

 

そういったキャットフードを長年与えているから、嘔吐や下痢を起こすのも当たり前なんですね。

これを機会にグレインフリーで最高品質を誇るカナガンキャットフードの導入を検討されてみてはいかがでしょうか。

 

今までのキャットフードでは、猫の寿命を縮める事と同義語なのですから・・・

 

 

自己紹介

管理人のひじきです!

rapture_20160414192415

恥ずかしがりやだけどブログを始めてミタヨ!

好き嫌いは多いほうだけど、健康志向の高い僕が選んだキャットフードを教えてあげるニャ!

しっかり覗いて行けよぉ~。